AGA治療薬のフィンカーは、プロスカーのジェネリック品で、有効成分フィナステリドはフィンペシアの実に5倍も含まれています。フィナステリドの中では非常に安く購入できるのが「フィンカー」です。

フィンカーの副作用について

男性型脱毛症であるAGAの症状に効果があるとされているフィンカーは、薄毛や抜け毛の対策として大きな効果をもたらしてくれますが、医薬品である以上副作用の危険性もあります。
病院で医師の処方によって購入ができるプロペシアと比較した場合、日本では未認可となっているフィンカーの場合には、通販によって購入することになりますが、副作用による危険性も高いと言えます。
フィンカーを使用した場合の代表的な副作用として挙げられるものには、性機能の低下があります。
性機能の低下してあらわれる症状としては、性欲の減退や勃起不全、精子の減少などの症状が出る場合があります。
子作りには問題ないと言われていますが、気になるときには服用を控えたほうが良いかもしれません。
また、フィンカーは成人男性のみに服用が可能な医薬品となります。
フィンカーは通販で購入可能な医薬品で、抜け毛や薄毛の原因とされる男性ホルモンの影響によるDHTの生成を阻害する効果があります。
この物質は男性の性器の発達と関与しているものとなりますので、妊娠中の女性が服用したときには男性胎児に外性器発達障害が発症してしまう可能性があります。
性器の発達が未成熟である未成年の男性の場合においても、服用は禁止されています。
フィンカーの成分は多くが肝臓で代謝されるものですので、肝臓病や肝機能の障害を持っている人は服用を避けたほうが良いです。
肝臓に何らかの症状を抱えている人がフィンカーの服用を考えているときには、通販で購入した場合であっても医師の相談のうえで服用することがおすすめとなります。
フィンカーは1錠の中に5mgのフィナステリドが含有されている医薬品になりますので、本来であればコーティングがされていて外気には触れないフィナステリドが外に出てしまうことで、服用するつもりではなかった人が体内に摂取してしまう可能性もありますので、取扱いには注意が必要になります。